選手

意外に優等生?桐蔭学園の恩師、藤原監督が語る高校時代の松島幸太朗

  1. HOME >
  2. 選手 >

意外に優等生?桐蔭学園の恩師、藤原監督が語る高校時代の松島幸太朗

「姿勢良く、勉強に臨んでいた」

欧州ラグビーでの活躍を受けて、松島幸太朗選手を掘り下げます。松島選手のルーツと言える、桐蔭学園時代。どんな生徒・選手だったのか。桐蔭学園を率いる藤原監督が語ります。

松島選手がアンバサダーを務めるDHLのYouTubeチャンネルの動画を参照。

藤原監督「非常にシャイでしたね。まあ裏でちょこちょこやってたんですけど(笑)。授業中も姿勢良く、勉強に臨んでいるということは聞いていました」

意外にも?勉強面でも真面目な生徒だったという松島選手。勉強でつまずいてラグビーの練習ができなることが嫌だったそう。ラグビーに打ち込みたいからこそ、しっかり勉強する。非常に合理的な考え方をしていたようです。

花園での印象深い1戦

続けて藤原監督は、松島選手が活躍した想い出深い1戦についてコメント。

藤原監督「(松島選手が)3年生の全国大会。準々決勝の東海大仰星戦。彼が高校になって初めてスイッチが入った試合だったんじゃないかな」

松島選手もこの試合は「何回もラインブレイクできた」記憶があるそうです。試合記録はコチラ。1点差の僅差の勝利でしたね。

藤原監督「彼は他の選手にエナジーを与えてくれる存在でした」

と最後に称賛。藤原監督は厳しい監督で、あまり選手を褒めないタイプかなと勝手に予想していましたが、松島選手に関しては手放しで褒めている様子でした。

-選手
-, ,

© 2021 RugbyCrunch(ラグビークランチ) Powered by AFFINGER5