トップリーグ

トップリーグ第3節まで振り返り。前半戦のMVPは?

  1. HOME >
  2. トップリーグ >

トップリーグ第3節まで振り返り。前半戦のMVPは?

2021年のトップリーグ、早くも第3節まで消化しました。→結果・最新順位

ここで簡単に振り返りをしたいと思います。

最多得点チームはサントリー、得点王はバレット

サントリー、クボタ、トヨタ、パナソニック、神戸製鋼、NTTドコモが3連勝で来ています。

最多得点チームはサントリーで181得点。1試合平均60得点以上をあげ、バックスの攻撃力が際立っています。そしてリーグの得点王はボーデン・バレット選手! 2トライ21ゴール、52得点です。鳴り物入りでトップリーグにやってきましたが、期待に見事に応えました。

日本代表主将リーチ率いる東芝が苦戦

反対に苦戦しているチームは東芝。日本代表主将のリーチが率いますが、初戦のトヨタ、次戦のクボタと立て続けに星を落とし開幕2連敗。3節の三菱重工戦は圧倒しましたが、すこし元気がない印象です。

リーチ選手のリーダーシップに期待しましょう。

前半戦MVPはTJ・ペレナラ

前半戦の個人的MVPはNTTドコモのTJ・ペレナラ選手。チームを開幕3連勝に導き、NTTドコモ戦ではサヨナラトライを自ら決めるなど、オールブラックス代表の力をいかんなく発揮しています。

↓激走トライ!

 

-トップリーグ
-,

© 2021 RugbyCrunch(ラグビークランチ) Powered by AFFINGER5