ニュース 高校ラグビー

堂々の花園ベスト4!大阪朝鮮高校ラグビー部はなぜ強いのか?

  1. HOME >
  2. ニュース >

堂々の花園ベスト4!大阪朝鮮高校ラグビー部はなぜ強いのか?

今年の花園で4勝をあげ、ベスト4に進出した大阪朝鮮(大阪第2)。準決勝で惜しくも桐蔭学園(神奈川)に敗れたものの、確かなインパクトを残しました。

大阪朝鮮高校は全校生徒わずか200人ほど、ラグビー部員も39名しかいません。

そんな中でなぜ強さを誇るのでしょうか。

大阪朝鮮高の花園成績

まず、大阪朝鮮高の花園でのこれまでの成績をまとめます。

第83回 1回戦 ○ 80-0 砺波
第83回 2回戦 ● 24-40 正智深谷

第84回 1回戦 ○ 15-13 東海大翔洋
第84回 2回戦 ○ 43-10 若狭
第84回 3回戦 ● 17-35 正智深谷

第87回 1回戦 ○ 19-14 新潟工
第87回 2回戦 ○ 27-7 八幡工
第87回 3回戦 ● 7-80 東福岡

第89回 2回戦 ○ 50-0 新潟工
第89回 3回戦 ○ 15-7 國學院久我山
第89回 準々決勝 ○ 12-5 流経大柏
第89回 準決勝 ● 7-33 桐蔭学園

第90回 2回戦 ○ 48-12 福岡
第90回 3回戦 ○ 12-7 尾道
第90回 準々決勝 ○ 32-10 流経大柏
第90回 準決勝 ● 10-21 桐蔭学園

第91回 1回戦 ● 10-29 日本航空石川

第92回 2回戦 ○ 45-3 コザ
第92回 3回戦 ● 24-37 茗溪学園

第93回 2回戦 ○ 72-7 三島
第93回 3回戦 ○ 36-7 目黒学院
第93回 準々決勝 ● 24-30 東福岡

第94回 2回戦 ○ 44-12 光泉
第94回 3回戦 ○ 36-7 茗溪学園
第94回 準々決勝 ▲ 12-12 尾道

第98回 1回戦 ○ 29-14 日川
第98回 2回戦 ● 29-50 報徳学園

第100回 1回戦 ○ 34-8 朝朝
第100回 2回戦 ○ 43-0 昌平
第100回 3回戦 ○ 38-21 秋田工業
第100回 準々決勝 ○ 14-10 流通経済大柏
第100回 準決勝 ● 12-40 桐蔭学園

出場11回で花園ベスト4が3回、ベスト8が2回。

通算32戦で21勝10敗1分で、勝率は65%。数字を見ても堂々たる強さです。

大阪朝鮮高の位置づけ

大阪朝鮮高は、名前の通り朝鮮にルーツを持つ学生が通う学校です。

学校教育法では「各種学校」に位置づけられ、学費の無償化から除外されるなど様々な制約もあります。

また近年は在日朝鮮人であっても、一般校への進学を選び学生が増え、生徒数は減少しているとのこと。かつて600人ほどいた高校の生徒数は現在3分の1ほどなのだとか。

なぜ強いのか

このように環境的には恵まれない中で大阪朝鮮高はなぜ安定した強さを誇るのか。

まずそのメンタリティの強さがあげられます。

「在日朝鮮人」というマイノリティーのルーツを持つ彼らは、何代にもわたって受け継がれた反骨心があります。辛い時でも歯を食いしばる。目の前に相手に全力でぶつかれる。相手に勝ちたいという激しい闘志が大阪朝鮮高の強さの秘密です。

もうひとつはフィジカルの強さ。

これもDNA的な所があると思いますが、大阪朝鮮高の選手は総じて骨太で肉弾戦に強いです。フォワード戦やモールを伝統的に得意としています。フォワードで得点を重ね、強いタックルで失点を防ぐというのが大阪朝鮮高の必勝パターンといえます。

最後にチームワークの良さもあげられます。

同じアイデンティティを持ち、さらに大阪朝鮮高のメンバーは中学(中級学校)から一緒に上がってくるメンバーも多いようで、長い時間を同じチームで過ごすことになります。コンビネーションは抜群でしょう。

来年以降は悲願の決勝進出、そして優勝というさらなる高みを目指すことになる大阪朝鮮高。その戦いぶりをこれからも応援したいです。

-ニュース, 高校ラグビー
-,

© 2021 RugbyCrunch(ラグビークランチ) Powered by AFFINGER5