日本代表

今さら聞けない!ラグビー日本代表の資格、海外出身選手が多い理由

  1. HOME >
  2. 日本代表 >

今さら聞けない!ラグビー日本代表の資格、海外出身選手が多い理由

2019年のワールドカップ日本代表には多くの海外出身選手がいたこで話題になりました。

ニュージーランドから高校時代に札幌山の手高校に留学してきたリーチ・マイケル選手。スクラムの最前列を支えた、韓国出身の具智元選手。豪快な突破と陽気なキャラクターで一躍人気者になった、トンガ出身の中島イシレリ選手…じつに登録31人中、過半数近くが海外出身の選手でした。

なぜこれほどまでにラグビーは海外出身選手が多いのでしょうか。ラグビーの「代表資格」からその理由を考えます。

国籍主義ではなく協会主義

ラグビーの基本精神として、「国籍主義」ではなく「協会主義」というものがあります。

「どこの国籍を持っているか」ということよりも「どこの協会を代表しているかが」が重要なのです。

下記はラグビーユニオンが発表している、代表資格の基準ですが、どこにも「国籍」の条件が書かれていないことに気づくでしょう。

プレーヤーは、以下の条件を満たす一国の協会のシニアの15人制代表チーム、そのすぐ下のシニアの15人制代表チーム、または、シニアの7人制代表チームのみで、プレーすることができる。

(a) 当該国で出生している、または、

(b) 両親、祖父母の1人が当該国で出生している、または、

(c) プレーする時点の直前の36ヶ月間継続して当該国を居住地としていた。

そして上記(c)「プレーする時点の直前の36ヶ月間継続して当該国を居住地としていた」を根拠に、多くの外国人選手が日本代表入りしています。

帰化する必要がなく、ただ日本の高校、大学、トップリーグなどで3年間プレーするだけで資格を得ることができるのです。

理由まとめ

日本代表に海外出身選手が多い理由をまとめると下記のようになります。

・代表資格を得られるハードルが低い

・近年高校、大学時点で優秀な選手が海外からやってくるようになった。またトップリーグも同様に優秀な外国人選手が激増。彼らが日本人からポジションを奪い取った

・また外国人選手からすれば、自国(ニュージーランドなど)で代表になるより、日本で代表になるほうが活躍の場が約束されている

 

-日本代表
-,

© 2021 RugbyCrunch(ラグビークランチ) Powered by AFFINGER5