ニュース 日本代表

【2021年】ラグビー日本代表36名が発表!スクラムハーフとウィングに注目

  1. HOME >
  2. ニュース >

【2021年】ラグビー日本代表36名が発表!スクラムハーフとウィングに注目

トップリーグが終了し、いよいよ6月からのテストマッチに向けラグビー日本代表が始動。現在別府で合宿を張っているようです。

4月に発表された候補選手52名も、36名に絞り込まれました。

メンバー一覧

スクラムハーフとウィングポジションに注目

今回の日本代表で注目ポジションはスクラムハーフとウィング。

スクラムハーフは、2019年ワールドカップを支えた流選手が不選出となっています。

代わりに選出された、荒井、齋藤選手はともにキャップなし。茂野選手も10キャップ。誰がレギュラーをとるのか。

ウィングも、トップリーグを持って引退となった福岡堅樹選手がいません。が、代表デビューなるかという強力な海外出身選手がズラリ。ラグビークランチイチオシのシオサイア・フィフィタ選手。サンウルブズのトライゲッターだったセミシ・マシレワ 選手、クボタで活躍する南アフリカ出身の大型バックス、ゲラード・ファンデンヒーファー選手。誰が出ても相手チームに驚異を与えることができる強力な選手です。

日本代表の底上げを感じます。

-ニュース, 日本代表
-

© 2021 RugbyCrunch(ラグビークランチ) Powered by AFFINGER5