トップリーグ

最後のトップリーグ王者はパナソニック!福岡堅樹は、バレットかわしてラストトライ

  1. HOME >
  2. トップリーグ >

最後のトップリーグ王者はパナソニック!福岡堅樹は、バレットかわしてラストトライ

今日行われたトップリーグ決勝。

パナソニックが後半追い上げるサントリーをかわし、31-26で勝利。最後のトップリーグ王者に輝きました。

パナソニックのディフェンスの固いディフェンスがサントリーを上回った印象です。

福岡はバレットかわしラストトライ

この試合が最後となる、この二人の対決もありました。

前半30分、パナソニックの福岡選手が左隅にトライ。最後タックルに来たバレット選手をかわしてグラウンディング。すばらしいボディバランスでした。

この試合で福岡選手はラグビーから引退。すでに合格を果たしている順天堂大学医学部で学び、医者を目指します。対するバレット選手はニュージーランドのチームに戻ります。オールブラックスでの活躍も楽しみですね。

パナソニックはトップリーグ5度目の制覇

これでパナソニックは、三洋電機時代も含めるとトップリーグ5度目の優勝。サントリーと東芝に並び最多タイとなりました。

【2003年-2021年】歴代「トップリーグ優勝チーム」一覧

 

 

-トップリーグ
-,

© 2021 RugbyCrunch(ラグビークランチ) Powered by AFFINGER5