観戦方法

ラグビー観戦はレフリーの「ジェスチャー」に注目するとわかりやすい

  1. HOME >
  2. 観戦方法 >

ラグビー観戦はレフリーの「ジェスチャー」に注目するとわかりやすい

ラグビー観戦は、レフリーの「ジェスチャー」に注目するとぐっとわかりやすくなります。

何の反則かジェスチャーで示してくれる

ラグビーはルールが多く、試合中は今何の反則が起きたのか、わからない場合もあるでしょう。

しかしレフリーは反則の笛を吹いた後、ちゃんとジェスチャーでその種類を教えてくれているのです。

  • 「スローフォワード」…ボールを前に投げる素振りをする
  • 「ノックオン」…手を曲げてボールが前に落ちる素振りをする
  • 「ノットリリースザボール」…ボールを掴んで離さない素振りをする

といった具合です。

手はどちら側に向いているか?

また反則が起こった際に、一体どっちのチームがとられたのか? 混乱する方もいるかもしれません。

ちゃんとこれもレフリーが手で示してくれています。笛を吹いた後に、

  • レフリーに手を向けられているチーム→反則をもらった方
  • 反対のチーム→反則をしてしまった方

になります。

声を聞くのも面白い

また、ワンランク上の視点としてレフリーの声を聞くのも楽しいです。ラグビーの試合ではレフリーはマイクを付けていて、TV中継などでその声が拾われるようになっています。たとえば、

  • 「ユーズイット!」…モール等で聞かれる言葉。「ボールを展開しなさい」と指示している
  • 「タックラー!」…密集プレーで聞かれる言葉。「タックラーなのでボールにもう絡めませんよ」とディフェンス側に指示している
  • 「そこ行かない!」…密集プレーで聞かれる言葉。「オフサイドなのでおとなしくしていて」とディフェンス側に指示している

といった言葉に筆者はいつも観戦時に耳をそば立てています。

レフリーに注目することで、試合状況や今後の展開についてある程度予想できるようになります。

-観戦方法
-,

© 2021 RugbyCrunch(ラグビークランチ) Powered by AFFINGER5