ルール 観戦方法

たったこれだけ!ラグビー最低限覚えるべきルール5選

  1. HOME >
  2. ルール >

たったこれだけ!ラグビー最低限覚えるべきルール5選

「ピー!」

えっいま何の反則?

ラグビーをTVで見ていてつまづいてしまうのが、ルールがわからないという点なのではないでしょうか。確かにラグビーのルールは多くて複雑です。ただ、そのすべてを把握する必要ありません。覚えるべきはたったの5つ。最低限これさえ覚えていれば観戦が十分に楽しめます。

①ノックオン 出現度5段階中5

〇どんな反則?

ボールを前に落としてしまう反則です。

ルール上は「前に」という条件がついていて、後ろに落とす場合には反則になりませんが、結構その場の雰囲気でボールが落ちると無条件で笛が吹かれる傾向にありますw。

〇どんな時に起きる?

主にふたつパターンがあります。

ひとつは単純な「ポロリ」。味方のパスを受ける際や、相手のキックを捕球する際に、手がすべって前に落とすパターン。

もうひとつが、相手の激しいタックルを受けてボールを落としてしまうパターン。楕円級でボールの扱いがラグビーは難しくよく起こる反則です。

〇反則が起こるとどうなる?

相手ボールのスクラムで再開です。

②スローフォワード 出現度5段階中3

〇どんな反則?

反則名を英語にするとthrow(投げる)+ forward(前に)。文字通りですね。ボールを前に投げる反則です。英語では「フォワードパス」という名称が一般的です。

ボールを投げる方向が制限されるということで、ほかのスポーツにはない、ラグビー特有の反則。よく混同されがちなアメリカンフットボールは、ボールを前に投げることができます。

〇どんな時に起きる?

「フラットパス」といって、相手ディフェンスに向かって水平にパスを投げて味方選手を走り込ませるパスが、ラグビーでは良しとされます。ボールを下げないので、前に進む可能性が高くなります。

逆に常に選手は、スロフォワードにならないギリギリを狙って、なるべくボールを下げないように投げます。

ですので、少しパスコントロールが乱れたり、風に流されたりすると(意外と多い)、スローフォワードになります。また、点差を付けられて負けている試合終盤、あせって攻めようとしてパスが雑になりとられる反則でもあります。

〇反則が起こるとどうなる?

相手ボールのスクラムで再開です。

③ノットリリースザボール 出現度5段階中3

〇どんな反則?

こちらも英語にしてみましょう。not(~ない)+release(離す)+the ball(ボール)。ボールを離さないという反則です。

攻撃側がタックルされると「ラック」という密集状態になりますが、このラックで攻撃側は素早くボールを地面に置く必要があります。それができないと反則をとられてしまいます。

〇どんなときに起きる?

簡単に言うと、「ラックでディフェンス側が勝った」ときです。

ラックになると、ディフェンスと攻撃側で対決が起きます。ボールに絡もうとするディフェンス側と、それをオーバー(はがす)しようとする攻撃側との間での攻防です。

9割方攻撃側が勝つのですが、フォローが遅かったり、相手ディフェンスが巧みだとボールが離せなくなり、反則をとられてしまいます。

〇反則が起こるとどうなる?

相手ボールのペナルティで再開です。

④コラプシング 出現度5段階中1

〇どんな反則?

スクラムやモールを相手ディフェンスが崩すプレーです。

〇どんな時に起こる?

簡単に言うと、「相手の押しが強いとき」です。相手のスクラムやモールが強く、このままでは何mも後退してしまう…というときにディフェンス側は、引き倒したり、横から力を加えたり…少しズルをして崩してしまうのです。そのときにおこる反則です。

〇反則が起こるとどうなる?

相手ボールのペナルティで再開です。

⑤ハイタックル 出現度5段階中2

〇どんな反則?

首より上にタックルをしてしまう反則です。

〇どんな時に起こる?

攻撃側のスピードについていけずに、腰を入れず手だけでタックルしようとすると怒ります。ただ、まれに確信犯的に体の上を狙って止めようとするパターンもあります。

〇反則が起こるとどうなる?

相手ボールのペナルティで再開です。ただ重い反則のため、シンビン(一時的退場)となる場合も多いです。またレッドカードで一発退場となる例もあります。

もし今の反則が何かわからなかったら…審判の「手」に注目

ここまで5つ反則の種類を紹介してきました。

しかし、実際の試合では流れが早すぎて、反則の瞬間が見えないことがよくあります。またこの5つ以外の反則の場合もありますよね。

そんなときは審判の「手」に注目してみましょう。

反則の笛を吹いた後に、必ず手でその反則を物まねして再現しているのです!

ノックオンだったらボールをはたくような動作、ノットリリースザボールだったらボールにしがみつくようなジェスチャーをしています。

観戦時には選手だけでなく、ぜひ審判の身振りにも注目してもらいたいと思います。

 

-ルール, 観戦方法
-, ,

© 2021 RugbyCrunch(ラグビークランチ) Powered by AFFINGER5